企業情報

企業情報

  • 公式HPへ
  • お気に入りに追加

日本タングステン株式会社

メーカー スクーパー取材記事あり
福岡市博多区美野島1-2-8

「創意」「誠意」「熱意」が織りなす
ものづくりの精神。

「タングステン」とはでスウェーデン語で「重い石」を指す。この希少金属(レアメタル)を創業時の1931年から取り扱っているのが、日本タングステン株式会社である。

「タングステン」と聞くとあまり聞き慣れない名前だが、私たちの生活の至るところでこの素材は使用されている。特に金属の中でも最も高い3380℃の融点を持っていることから、その熱に強い性質を利用して電球のフィラメントは古くからこのタングステンが使用されてきた。

そんなタングステンを取り扱う同社は理念に3つ意(こころ)を掲げている。

 創意…あらゆる変化に対応し新しいものを作り出していく意(こころ)
 誠意…お客様や地域社会に尽くす意(こころ)
 熱意…今日から明日へと絶えず向上を目指す熱い意(こころ)

ここに世界トップレベルの技術と製品開発を目指した、ものづくりの精神が息づいているのだ。

日本タングステンのひたむきな技術開発の姿勢に、日本の技術力の再興を願う。

企業情報
事業者名日本タングステン株式会社
設立1931年4月
代表者後藤信志
電話番号092-415-5500
業種メーカー 
事業内容
住所福岡市博多区美野島1-2-8
ホームページhttp://www.nittan.co.jp/
スクーパー取材記事

他社が真似できない独自の技術で、お客様のあらゆるニーズに対応する

福岡市博多区の美野島に本社を構える日本タングステン株式会社は、創意・誠意・熱意という経営理念の元、高機能・高品質の製品を提供することで、お客様のニーズに応え続けている。 主力製品の磁気ヘッド用基板は、パソコン等のHDD(ハードディスクドライブ)に用いられており、世界シェア約7割を占める素晴らしい企業である。

最新の取材記事を見る

ページTOP

Copyright © CREREA All Rights Reserved.