イベント・説明会

CREREA・地域イベント

2017/6/29

その他★キャリアスクーププロジェクト 第6期生募集中★



仕事人にドラマあり。をテーマに、地域の中小企業やベンチャー企業・NPOなどで活躍するかたがたを取材。学生たち自らが、地域で輝きを放つ生き方・仕事の魅力を発掘し、当サイト「CREREA」で情報発信をする3ヶ月間のプロジェクトです。
ロジェクト期間中は、大学・性別・学年の異なる5~6名のチームに所属し、メンバーの取材活動にも協力。個人として力を発揮するだけでなくチームとして成果を出すことや、イレギュラーへの対応、納期の遵守などが求められ、実際の仕事さながらの現場を体験します。
また、取材先の他にボランティアでサポートしてくださる社会人メンターや事務局スタッフなど、さまざまな「大人」と関わりあう中で社会人基礎力※を磨きながら、自らのキャリアを描くキッカケをつかむことが期待されます。





 



参加者募集期間【5月~6月】



各学校の就職課・キャリアセンターが夏季インターンシップの説明会・ガイダンスを行い、申込み受付が始まります。
またキャリアスクーププロジェクト事務局スタッフも各学校で説明会を開催します。
インターンシップ参加申し込みを行い、学校から派遣先の決定通知を受けた後にキャリアスクーププロジェクト参加のWEBエントリーを行ってください。
※「キャリアスクーププロジェクト」のインターンシップ受入企業は(一社)福岡中小企業経営者協会です。


  

キックオフミーティング【7月8日(土)】




チームメンバーや社会人メンターと初めて対面。
個人として、またチームとしての目標設定やビジネスコミュニケーション研修など盛りだくさんの1日。
担当取材先もこの時に決めていきます。


 
   
訪問準備会【7月15日(土)】




取材をよりよいものにするためには何より下準備が肝心!
ドラマを引き出すための質問や記事の魅力を引き立たせる写真撮影技術を学びます。
訪問時当日のシュミレーションを通じて来るべき初訪問に向けた準備を進めます。
 
 

   
取材活動・原稿作成【7月17日(月)~8月18日(金)】

   ■事前打ち合わせ

取材先とアポイントを調整し訪問。
取材先の希望に沿いながら記事のコンセプトを決めていきます。互いの考えを共有する大切な場。



       ■取材




事前打合せの内容を参考に、いざ取材を開始!
取材当日に経験できることや聞ける話は事前打ち合わせにかかっています!
 
 

    ■原稿作成





取材が終わったら原稿作成に着手。読み手にこの文章はどう伝わるか?
記事の先にいる読者を意識しながら取材先の魅力を「ことば」で表現します。
 

 
   
掲載準備会【8月19日(土)】






取材内容をチーム内で共有しながら、書き上げた記事を互いに校正しあいます。
メンターも同席し丸1日かけてアドバイス。キャリスクはいよいよ佳境!

 
   
記事校正・校了【~9月9日(金)】




事務局校正を経て、取材先へ記事を提出。
事務局、メンター、チームメンバーと協力して記事を仕上げます。
取材先から掲載承諾をいただいたらひとまずゴール!



  
振り返り研修【9月16日(土)】



キャリスクアワード(報告会・表彰式)に向けた準備を兼ねて、プロジェクトを振り返ります。
気づきと学びを深め、更なる飛躍を志す場。
 



   
記事公開!!【10月1日(日)】



 

汗と涙の結晶!
キャリスク記事、掲載スタート!

   

   






   
プレゼン研修【10月7日(土)】



キャリスクアワードでは限られた時間の中で3ヶ月間の学びを発表します。
話す順序や伝え方、表情など互いのプレゼンをもとに意見交換。1週間後に迫ったアワードに向けた最後のブラッシュアップです。


 

   
キャリスクアワード【10月14日(土)】



活動の集大成!
全スクーパーの他、取材先や学校関係者も見守る中で3ヶ月間の学びをプレゼンし感謝の気持ちを伝えます。















■企業の名前ではなく本当にやりたいと思ったことをしたいと考えるようになった。
本当に変わりたいと思えば変われるし、そのキッカケを与えてくれた活動だった。
■取材を通して、働くことへのイメージがマイナスからプラスに変わった
■自分の意思があれば必ず成長できる活動だと思った。
■社長と話すことができたり営業同行できたり、普通のインターンシップでは経験できないことばかりだった。
■就活のためと思って参加したが、それよりもずっと本質的なことが学べた
■自分の中にブレずに持ち続けたいスタイルのようなものが出来た。



 


【キャリスク体験談】取材先×メンター×学生






   
各研修会の日程は決まっていますが、取材活動はどんな日程で進みますか?

取材先や所属するチームによります。取材先によっては複数回の取材を受け入れて下さる場合もありますし、1時間だけですが社長への直接取材ができる場合もあります。取材内容や日程は取材先とどのように打ち合わせるかによって変わります。
またそれぞれのチームは取材前や定期的に喫茶店などでミーティングをしているようです。互いに連絡を取り合って都合を合わせています。



キャリスクの活動とアルバイトや補講の同時並行はできますか?
 


取材先との約束は最優先事項になりますが、その他の時間は自己管理に任せていますので、各自スケジュールをしっかり管理していただければ両立することも可能です。


取材先は選べますか?行けるのは1社だけですか?


基本的には選べます。チームの中で話し合って決めていきます。
キックオフミーティング(7月8日)で各チームに取材先の概要を記載した紙をチームの人数分渡します。その中から自分の担当する取材先を1社選んでください。また記事を書いてもらうのは担当になった取材先1社ですが、他の人が担当する企業にも同行することは可能です!



研修会に参加できない場合、キャリスク自体への参加も難しいですか?




各研修会はその後の作業について大切なことを話しますので基本的に必ず出席してほしいのですが、どうしても都合がつかない場合は、分かった時点で事務局と担当の社会人メンターに連絡をしていただければ大丈夫です。
研修会の内容はチーム内で共有しておいてください。



まだ1年生なので、正直就活は意識していないんですが参加しても大丈夫ですか?




ぜひトライしてください。就活のために参加する方も多いですが、取材を通して仕事の現場に五感で触れたり社長さんから直接人生哲学を聴いたりすることで、自分が人生で何を大切にしたいのか考えるきっかけになるでしょう。
これまでも多くの1年生が参加してくれていますし、昨年のキャリスクアワード受賞者は1年生でした。



チームはどうやって決めるのですか?




WEBエントリーの内容や大学・学年・性別から、できるだけ偏りの無いように組み合わせています。また活動期間中の交通費の支給はありませんので、取材先への移動があまり負担にならないよう居住地域も考慮しています。




学校から研修日誌を出すように言われていますが、キャリスクの場合はどうすれば良いですか?


研修日誌にあたる「プロジェクトレポート」を用意しています。(フォーマットは研修日誌とほとんど変わりません)

研修会があった日はもちろん、取材やチームミーティングなどキャリスクの活動をした日は必ず日誌を書いてください。終了後は各自印刷して学校へ提出していただきます。
 
キャリスクは大変、という話を聞いたのですが・・・



 

そうですね。アポイントから記事の納品まで1つの仕事の全工程をお任せしますので楽ではありません。時には耳の痛いことも言います。しかし自分から情報を引き出す力や、思いを言語化する力、チームワーク力など、社会人になって必要な様々なスキルを試し伸ばす機会になります。「大変」なのは「大」きく「変」わっている証拠。成長したい!という皆さんの前向きな気持ちを精一杯後押しします!





過去のキャリスク記事は★こちら★


【お問合せ】
一般社団法人福岡中小企業経営者協会(担当:中原・安武)
F8E8092-753-8877
F977crerea★chukeikyo.com  ※★を@に変えてお送りください。アドレスをクリックするとメールフォームが立ちあがります。

 

ページTOP

Copyright © CREREA All Rights Reserved.