イベント・説明会

イベント開催報告

イベント写真

開催概要

こんにちはCREREA事務局の安武です。
2/3(土)に九州のエンカレッジ団体“キャッチTHEキッカケ”(@yumetalk2015 )運営協力のもと
若手社員とのトークセミナー『シゴトーーク!!』を開催しました。
イベントの詳細はこちらからご参照ください!


『シゴトーーク!!』とは?
『シゴトーーク!!』はキャッチTHEキッカケが掲げる
「九州の大学1~3年生が一歩踏み出すキッカケを。」を参加者に提供するべく
地元企業で働くかっこいい大人との出会いを通して、自身の生き方を考えてもらう交流イベントです。

今回は11社14名の社会人が参加し、企業説明ではなく、
ゲスト本人の生き方を紹介してもらうことをメインにしたプレゼンテーションや
ゲストに直接生き方や自身の悩みをぶつけるグループワーク。
参加者の悩みでもっとも話題にあがったテーマに分かれてとことん話し合うフリートークと
みっちり大人と同世代の学生と話すイベントです。

では、イベントレポートです!!

イベントスタート!!

オープニングは主催団体である弊会の常務理事 古賀からの挨拶。



『シゴトーーク!!』は仕事もプライベートもイキイキと働くかっこいい大人がたくさん参加している。
「迷ったらGO」「謙虚に厚かましく」を大切に参加している大人たちとの出逢いを自分のモノにし
自分のお手本となる生き方を探して欲しいと話しました。

第1部“シゴ充”プレゼン
オープニングを終え、さっそく11社14名のゲストによるプレゼンテーションが開始。
合説などにあるいわゆる企業プレゼンではなく、ゲストの生き方を紹介してもらうため
これまでの経歴や現在の会社への入社経緯、普段の過ごし方や何を大切にしているかなど
人物フォーカスの内容でプレゼンをしていただきました。

どの方も魅力的なゲストばかりで割愛するのがもったいないので
ここでは全ゲストのご紹介をさせてもらいます!
ちょっと長いですが、ぜひご覧下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社カウテレビジョン 自覚 拓道さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず1人目は、実はお坊さんでもある自覚さんです。



カウテレビジョンの新規事業『はたらくTV』などの取り組みの簡単な紹介と
死ぬほど働いていた過去の社会人生活、そしてそのなかで気づいたことで“解釈力”の大切さをお話くださいました。
マイナスな出来事も、そのうちプラスの出来事と捉えることができる。
解釈力を養えば、人生がもっと豊かになるとおっしゃっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社カウテレビジョン 吉村 直志さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて2人目は、同じくカウテレビジョンで人事を担当する吉村さん。



大学時代はほんとに就活のことは考えておらず、羽陽曲折あり25歳に派遣会社に入社。
10年以上勤務された後、自身の生き方を改めて考え、やりがいと情熱を持てる仕事がしたいと
同社に入社された経緯をお話しくださいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カラビナテクノロジー株式会社 福田 裕二さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて3人目は、社長である福田さん。



EコマースやWEBデザイン制作を務める会社のお話と社長として日々意識していること
働く上で大切にしていることを話してもらいました。
その中で「仕事=旅」である。
いろんな試練を乗り越えてスキル(技能)を身につけていく。
大事なのは場所ではなく、そこで何を突き詰め、やり抜くかだとおっしゃっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カラビナテクノロジー株式会社 原 萌さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて4人目は、実はキャッチTHEキッカケのOBでもある原さん。



学生時代、志望企業に何度もアタックするが叶わず、そのまま卒業しフィリピンへ逃亡。
そこで何かスキルを身につけねばと現地でプログラミングを学び、学生時代に縁のあった
同社でのインターンを経験し、入社した経緯を話して下さいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エンドライン株式会社 山下 栞菜さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて5人目は、現在社会人2年目の山下さん。



どのように現在の会社へ入社したか、また2年目として仕事での働き方や
学生時代との変化などを話して下さいました。その中でプライベートの過ごし方や
会社においても広告を扱う企業なので、自身の成果が現れるので街に出歩く時に
自身の仕事のやりがいを感じ、仕事のモチベーションにつながっているとおっしゃっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大洋グループ 大安 裕士さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて6人目は、同じく現在社会人2年目の大安さん。


学生時代はSEやプログラミングをするも途中で進路変更。
広告系を目指すがモチベーションが下がっていき、就職先がなかなか決まらなかったそうです。
そんな中、所属していた学生団体の活動で一度面接を受けた企業の社長さんと話す機会があり、

相談しているとその場で入社が決定したそうです。そんな経緯から、「縁」の大切さを話して下さいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイ・ケイ・ケイ株式会社 山際 翔太朗さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー^
続いて7人目は、人事を担当する山際さん。



人気企業として毎年多数の就職希望者がおり、山際さんは年間10000人以上の学生さんを面談するそうです。
そんな山際さんだからこそ学生に伝えたい人生で大切なことをお話くださいました。
1つ目は、どこの道に行くのではなく、今進んでいる道が正しいと思うこと。
2つ目は、たくさん素晴らしい人に出会うこと。
人によって同じ行為でも、目的は違う。いろんな大人の人の生き方に触れてみてくださいと語って下さいました。

“シゴ充”プレゼン 後半の部
前半7名を紹介してきました。
前半だけでもいかに盛りだくさんすぎるイベントかお分かりいただけましたでしょうか?(笑)

せっかく様々な生き方を持つ濃ゆいゲストさんだったので紹介しないともったいない!!と思ってご紹介しております。
残り7名もご紹介していきますので最後までお付き合いください。
それでは後半7名のゲストをご紹介です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社オースタンス 菊川 諒人さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8人目は、いきなりダンスで登場する社長の菊川さんです。(写真がないのが残念)



学生時代からエンターテイナーの雇用促進をしたいと思い現在の会社を起業。
起業するにあたって、大学時代に仲間と起業した事業で売り上げが取れた時、
仲間と飲みに行ったときの感動が忘れられず今もそのことをやりがいにしているそうです。
また幼少のころより母親に言われていた「楽しめ」という言葉を生きるうえで大切にしているとお話くださいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社南福岡自動車学校 榎本 麻由さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて9人目は、人事を担当する榎本さん。


スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が20世紀末に提案した
「計画された偶発性理論」をもとに、キャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されていることを説明。
ご自身のキャリアも特にやりたいことがあったわけではなく、友人に進められて同社に入社したそうです。
なにかやりたいことがないなら周りに進められたことをやってみるのも一つだと話して下さいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社南福岡自動車学校 木村 駿介さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて10人目は、今月からアフリカのウガンダでグループ会社を立ち上げ、代表を務める木村さん。



特になりたい職業はなく、様々なことをとりあえずやってみたご自身のキャリアを話してくださいました。
学生時代は動物の学校に通っていたので、ドッグトレーナーに。
でもやりたいことと違っていたので今度は日本一元気な居酒屋に勤務。
それでも違い社長の人柄に惚れ、自身のお手本になると現在の同社に入社されたそうです。
木村さんならではの仕事を探す上で大切にしていることを教えてくださいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社グッドラックスリー 早川 徹さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて11人目は、福岡のゲーム会社で人事を務める早川さん。



高卒でアルバイト先である居酒屋に入社。将来独立を考えるも人脈と資金は必要と考えリクルートに転職。
そこで自身が採用が好きだと気づき、もうひとつ大好きであるゲーム会社での人事をやりたいと同社に入社。
自分が夢中になれることがキャリアを見つけるヒントになるとお話しくださいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
光陽無線株式会社 村山 健一郎さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて12人目は、創業54年の防災システムを開発する企業で働く村山さん。



ご自身のこれまでの体験から何事もやってみることの大切さをお話しくださいました。
そのなかで印象的なエピソードは、社内行事で「100kmウォーク」に参加した際、
いやいや参加していたがいまは趣味といえるほどどハマリしてしまい、現在も毎年のように参加されているのだとか。
この経験から学生たちにもとにかくやってみることの大切さを語ってくださいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社クック・チャムプラスシー 寺嶋 一哲さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて13人目は、町のおかず屋さんで人事を担当する寺嶋さん。



ご自身の経験もふまえ「あなたにとってのサラリーは何か」を参加者に投げかけてくださいました。
大手旅行代理店で務めるも、何のために自分が働くのか答えが出なかった。そこで自分にとってやりがいを見つけられ
現在の同社に入社されたそうです。仕事は正直大変だが、やりがいと目的を持つから楽しめる。
働くことで何を得たいかを考えてみてくださいとおっしゃっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社Branches 本松 ちなみさん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いよいよラストです!
最後の方は、認可外の24時間の保育園を運営する会社の取締役である本松さんです。



幼稚園の先生として勤められ、出産、育児から現在の同社で入社した女性ならではの経歴と
働く上でのモチベーションのつくり方を話してくださいました。
モチベーションをつくるために頼られる存在になることを意識しているそうです。
そのためには積極的に自らアクションすること。その努力が頼られる結果になり
自身の向上心が芽生え、日々のモチベーションになるとおっしゃっていました。

ワークショップスタート

ここまでゲスト紹介全て呼んでいただいた方お疲れ様です!
そして読んでいただきありがとうございます。

いかに多種多様なゲストが来られているのかお分かりいただけたかと思います。
そんなイベントもまだまだ前半戦です。(笑)

ゲスト11社14名の人生観がなんとなく見えてきたところで
続いてグループでのワークショップをしました。

ここからは各グループに分かれるので様子だけお伝えしていきます。

第二部ワークショップ


このワークショップではプレゼンを「なぜシゴ充なのかを探れ!」をテーマに
4~5名グループに社会人の方お1人が入り、
よりゲストの魅力や人生価値感を知り、
自身のキャリアを考えてもらうといった直接対話式のグループセッションです。
様々な人生観をもつ人たちがたくさんいるだけに話が尽きない!
直接対話したからこそ、プレゼンの時とは違う刺激を参加者は受けたようでした。

第3部フリートーク!!
最後にフリートークと題して、参加者が好きなテーマに自由に出入りし、
気になった内容でゲストや同世代大学生と会話する場を実施。
“シゴ充”プレゼン、ワークショップを終えてもっと話してみたい内容を
参加者が投票し、その中からもっとも多かったもの7個のテーマに分かれます。


フリートークなのでそれぞれのグループで座ったり、立ったり自由な形でテーマを深ぼってもらいました。
自分たちに興味のある、もしくは気にしているテーマだからこそかなり活発にそれぞれの意見を出し合ってる様子が見受けられました。



こんな感じで床にすわってゆったり語ったりー



立ったまま話こんだりな状況でした。
なんとなくこのフリートークの自由度が伝わったでしょうか?

最後にー

若手社員とのトークセミナー『シゴトーーク!!』いかがでしたか?
ゲスト紹介もあったのでだいぶ1部のご紹介が多くなってしまいましたが(笑)
こんなにも素敵な大人がたくさんいることやこのイベントの魅力が少しでも伝わっていれば嬉しいです。

様々な出会いを通してぜひみなさんも自分だけの生き方を発見してみてください。
最後に全員での集合写真です!!


最後までご拝読ありがとうございました!

ページTOP

Copyright © CREREA All Rights Reserved.