スクーパー取材記事

スクーパー取材記事

  • お気に入りに追加

有限会社 九州電機精機

メーカー建築・不動産 スクーパー取材記事あり
福岡県福岡県北九州市若松区南二島2丁目14-6

2013年度

少数連携!”信頼”される会社作りを信念とする社長と社員の仕事へのこだわり

お客様の満足に足る製品の製造は御手洗社長の20年の経験と職人のこだわりで成り立つ!

一人からのスタート

有限会社九州電機精機は北九州市若松区にある“信頼”される仕事をすることを企業理念に、御手洗秀樹社長と5人の社員が共にワイヤー放電加工機による自動化機械の部品の製造をメインに、一部上場企業や大手製造メーカーの産業機械に使われる部品や、車のエンジン部のマ二ホールドという部品、「冶具」という部品製作に使用される道具などを製造する会社だ。

御手洗社長は高校卒業後から現場で仕事をし、31歳の時に会社を継いだ。しかしバブル崩壊に伴い、社員は高齢化と仕事量の減少により退職していった。
御手洗社長は、一人会社を経営していかなくてはならないという不安もある中「先代から続くこの会社を潰すわけにはいかない!」と心に決め、腹をくくり、会社を作り上げてきた。

やり遂げたからこそ

九州電機精機で働いてきた20年の経験の中で特にやりがいを感じたという経験を聞いた。
御手洗社長が22歳の時、休日に出社していたところ、明日までに部品を100個納めて欲しいという依頼が入ってきた。その日会社には御手洗社長しかおらず、一人で引き受けるしかなかった。
このころはまだ先代に指示をもらい仕事をしていたため、自分で仕事を取ったことがなかったという。だからこそ、初めて自分の判断で仕事を受け、一から最後まで責任をもって仕事をやり遂げたこと、そして何よりお客さんに喜んでもらえたことにこの仕事をしていてよかった、やりがいを感じたと御手洗社長は語る。

質の良い製品を

御手洗社長の経験は仕事に十分活かされている。
とある自動車製造会社から、短期間で普段の倍の数、冶具を作って欲しいという依頼が入ってきたのだという。普通、冶具の製造には1ヶ月ほどかかるのだが、このときは1ヶ月の間で10台分を納めて欲しいというものだった。通常であれば厳しい内容だ。しかし、納期が短いからと言って仕事には手を抜かない。基盤となる部品の良し悪しが商品全体の質を決めるからだ。「いいものを作る」という熱い思いを胸に、御手洗社長と5人の社員の素晴らしい技術力と団結力により、協力会社とも連携し、納期までにお客様の満足のいく製品を作りあげた。

九州電機精機の魅力は社員にあり!

機械での製造が主流になってきた現在、手作業で部品加工を行っている松下さんは、機械で作成された部品の内部に残ったあらを取ったり、機械には届かない部品内部に接続部を作るなどの作業をされている。
「作業の時間は掛かるが、機械ではできない細かな作業や精密な加工を任せてもらえること、部品を作り上げたときお客様に感謝され自分が役に立っていること」にやりがいを感じるのだという。
「まだまだ機械には負けない」という言葉に職人の根性を感じた。
九州電機精機は、御手洗社長の「仕事には妥協しない」という情熱と、職人達のこだわりが部品一つ一つに表れている。その情熱とこだわりがお客様の満足につながり、九州電機精機を選ぶ理由になるのだ。

スクーパーEyes 信頼!挑戦!社員の幸せ!

「社長という立場である以上、社員とその家族が幸せであり続ける会社を目指したい」

御手洗社長に今後の目標を聞いたときの言葉だ。
「同じ仕事をしていても今の時代の流れや変化に対応し、ニーズに合った仕事をする“信頼”される会社作りをしていきたい。しかしずっと同じことをしていてもダメ。常に新しいことに挑戦していく会社にしたい」という御手洗社長。
また、「長く会社を継続させていくことで、社員の雇用を守り、給与にも反映させ、社員やその家族が安心できる会社、幸せを守っていく会社にしていきたい」と御手洗社長は語る。
九州電機精機の強みは経験豊富な社員だと言う御手洗社長。社員の技術を信用し、少人数だからこそだからこそ互いに連携し一つのものを作り上げていく力は他社には負けないという。

そんな信頼している社員の幸せを守るため、御手洗社長はさらなる成長に挑戦し続ける。

取材後記 何度でも立ち向かう「仕事人」に

今回の取材の中で、「失敗してもいい、何度でもチャレンジすることが大切」というアドバイスをいただきました。目標を設定し、その達成のために努力し挑戦すること、それは仕事に限ったことではないと思います。日々の生活の中でも目標や目標にしたい人を見つけ、設定した目標の達成に向けて努力し挑戦すること。それは、私がこれから一人の「仕事人」になっていくために必要なことだと感じました。たまには失敗することもあると思いますが、めげずに何度でも課題に立ち向かう、そんな社会人になっていきたいです。

スクーパー取材記事を見る
2013年
  • 企業情報を見る
同じ業種の企業を見る

ページTOP

Copyright © CREREA All Rights Reserved.