スクーパー取材記事

スクーパー取材記事

  • 公式HPへ
  • お気に入りに追加

グローバルイノベーション事業協同組合

人材・教育 スクーパー取材記事あり
福岡県福岡市中央区天神1丁目4-2 エルガーラ6F

2018年度

ともに成長し、幸せになれる環境を提供するために

日本企業の海外進出、ベトナム企業のリーダー人材育成を支援する「Globa CA」。海外の働きたい人々と日本企業を結ぶ架け橋となり、両方が幸せに働ける、生きていける場所の提供に尽力する。

事業の拠点として、選んだ国とは

一般社団法人 福岡県中小企業経営者協会連合会が、中小企業の海外進出の活性化、グローバル人材の輩出を図るためにスタートした記念事業「グローバルイノベーションフロムフクオカ」。その活動をさらに本格化させるべく2018年3月に設立されたのが、グローバルイノベーション事業協同組合、通称「Globa CA」である。福岡の天神に拠点を置き、技能実習生の受入や留学生の支援、高度人材の就職支援、中小企業の海外進出支援など様々な事業を行っている。専務理事を務める徳丸順一氏が、この事業においてASEANの中でも特に、ベトナムに焦点を当てているのには理由があった。

「海外で働く」「ベトナムを支援したい」 その想いを実現するために

徳丸氏は学生時代から海外で働きたいという思いが強く、前職ではベトナムの工場で5年間、人事・総務・経理の責任者を務めた。そこで現地で働く人々の、「昨日より今日、今日より明日」とひたむきに努力する姿、一生懸命さを目の当たりにした。その姿に元気をもらい「こんな人材が日本企業にもほしい。また、彼らにも日本に行きたいと思ってもらいたい、そのための支援をしたい」と前職を辞め、この仕事に携わることとなった。そして正しいルートでの受入・支援、その体制を整えたいと、「グローバルイノベーションフロムフクオカ」の法人化のために動き始めた。

本物の支援体制を追い求め、企業と人に本気で向き合う

日本企業が、ベトナムへの海外展開や、ベトナムからの技能実習生・留学生の受け入れを視野に入れるようになるには、支援を任せても大丈夫だと思ってもらえる信頼関係を築くことが大切である。「ただ一方的に日本企業へ、実習生の受け入れや海外展開を押しつけるのではなく、ベトナムの良さ、日本との文化差を理解し興味をもってもらうことが大切だ」と徳丸氏。それを理解してもらうため、実際に現地に行き市場調査や企業訪問等を行う「ビジネス訪問団」の企画・運営や、ベトナム企業と日本企業のマッチング会を開催している。徳丸氏自身が企業の発展や実習生の成長を本気で望むからこそ、両者の出会いの場を提供するために奮闘しているのだ。

日本企業とベトナム企業がともに成長する、その後押しを担う

「将来技能実習生を1000人ほどを受け入れられるよう、今から事業に携わる人の配置や体制を整えている。そしてベトナム企業と日本企業、互いが楽しく幸せに働ける、生きていける場所を提供したい」と徳丸氏は言う。自身がベトナムで感じた魅力、熱量を日本企業に伝え、若者が多いベトナムの人材が日本企業に入りリーダーとして成長していく。すると、単に労働力としてではなく企業の雰囲気の改革にもつながり日本企業が明るくなっていく。
現在は対象をベトナムのみとしているが、将来は他の国への展開も視野に入れるなど、事業の拡大を図りたい考えだ。ただ、事業拡大=「ノルマを掲げそれを達成すること」ではない。拡大するイメージを描くことも大事だが、本当に困っている人を探し信頼関係を築き、支援することを前提とした活動を展開することが重要だ。

スクーパーEyes 実際に現地の人々、企業に触れることで見えてくる未来

8月3日に開催された、ベトナムと福岡の企業交流会。それぞれ20社近い企業の経営者が集まる会となった。ベトナム日本センター副所長からの、同センターとリーダー人材育成のための「経営塾」の説明からスタートした。続いて、JICAによる中小企業海外展開支援紹介の説明や徳丸氏の講演、両国の企業紹介に至るまで全て即時通訳にて行われていた。ベトナム企業は製造業が大半で、実際に自社で作っている製品を持参し熱心に紹介したり、積極的に自社のことをアピールする姿が見られた。また日本企業も、ベトナム企業の紹介を真剣に聞き、自社業種にあう企業を探し、情報交換のため懇談していた。徳丸氏は「少しでも興味をもってもらい、つながりを持つきっかけ作りになれば」と話す。現代はインターネットの発達により多くの情報は入ってくるが、実際に見てもらうことにより業務についてはもちろん、ベトナムの人々の人柄を知る機会にもなる。ベトナム企業側は、日本企業のことを色々調べており興味があれば自ら連絡を取る。その熱意や積極的な姿勢を日本企業にも肌で感じてもらうことで、双方の企業の発展につながっていくのだ。

取材後記 本当にやりたいことを真剣に考える

今回の取材で、徳丸様、松瀬様から「将来やりたいことを探すのではなく、自分の意思で決めるものだ」という言葉を頂きました。また取材を通して、体制を整え、事業拡大に向け奮闘する背景には、本当にベトナムと日本の成長を願い支えていきたいという揺るがぬ思いがあると感じました。それは、人と信頼関係を築くことや人を育てることの大変さ、大切さを経験したからこそだと実感しました。ベトナムに対しても、実際に現地に行き、日本では感じることのできない同世代の若者の熱量やひたむきに頑張る姿を見たいと感じました。 今回、取材にご協力頂きました、グローバルイノベーション事業協同組合の徳丸様、松瀬様および一般社団法人 福岡中小企業経営者協会の皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。
(文責:福岡女学院大学3年 小波津 朱菜)

スクーパー取材記事を見る
2018年
  • 企業情報を見る
同じ業種の企業を見る

ページTOP

Copyright © CREREA All Rights Reserved.