クレック・キャリア(CreRea)プレオープンしました。

新卒採用で夏採用・二次募集はいつから?春採用に落ちた7月、8月の就活では企業はどう探すの?

新卒採用で夏採用・二次募集はいつから?春採用に落ちた8月の就活では企業はどう探すの?

目次

春採用で第一志望に落ちてしまった…。夏採用・二次募集はいつから?7月、8月?

新卒枠の就職活動で春採用でチャレンジしていた第一志望業界や第一志望群の企業からお見送りの連絡があり、夏採用や二次募集等でリスタートしようとしている人も少なくないでしょう。

特に業界大手の人気企業ランキングなどに選ばれるような企業は倍率も高く、合格の難易度がとても高い状況です。

夏採用等の追加募集はいつ頃から始まるのか?7月なのか、8月なのか気になりますよね⁉

一般的には6月末頃からエントリーの受付が始まり、7月中に選考が実施され、8月中で内定が出るようなスケジュール感です。

夏採用や追加募集を行う企業がある理由は、内定辞退などの欠員の補充や海外の大学に留学をしていて春採用を受験できなかった人等に向けて行われることが多いため、定員があまり多くはありません。多くの企業で春採用よりも難易度が高く、合格が難しいと思ってください。

夏採用以降は、大手ばかりを受験するのではなく、業界変更や受験先の企業規模の変更なども視野に入れつつ受験していった方が安全です。

夏採用で一から企業探しをしていこうとしている方やリスタートを切りたい就活生はぜひ参考にしてください!

 

キャリアちゃん
進路が決まらないとそろそろ焦って来ていて、とにかくまずは内定が欲しいという気持ちになりますよね…。
クレック君
内定を取れるだけで精神的に楽になる人もいるでしょうから、受かりやすい業界を解説していきます!

夏採用や追加募集以外にも内定が貰いやすい職種や業界も視野に入れていこう!

夏採用では、大手の追加募集枠を探しつつも、内定が比較出やすい業界や難易度の低い会社なども並行して受験することをおススメします。

次は合格しやすい会社の特徴なども簡単に解説していきます。

ブラックかホワイトかはその会社の人事制度や企業文化によるため、今回は明言しかねることはご了承ください。

以下のような業界や会社入社がしやすい傾向があります。しかし、さすがに誰でも受かる訳ではありません。

 

・接客、販売スタッフ
・BtoCなどの訪問販売のような営業職
・飲食店スタッフ
・介護福祉職
・長距離ドライバー(運転手)
・ITエンジニア(技術派遣、SESなど)
・配送業、運送業
・自動販売機補充員(ベンダー)
・製造業(ライン作業員)
・警備職
・ピッキング(倉庫作業員)
・土木作業員
・引越し業界(作業スタッフ)
・リゾート地など地方の宿泊施設など
業界・職種等では上記のような業界や職種は内定が出やすい傾向があります。
単純作業が苦ではない人でしたら、製造業やピッキングなどは人付き合いも少なく、フィットする人も多いです。
ドライバーなども人との接点が比較的少ないため、やってみたら思っていたよりも長続きする人も実はいらっしゃいます。
業界や職種的に自分には抵抗があるという人は、会社の規模にこだわりを持つことをやめると選択肢が広がると思います。
中小企業であったとしても、社長や先輩達が良い人であれば、楽しく働ける環境だってありますし、マイペースにのんびりと仕事を出来る環境だってなくはありません。
クレック君
中小企業はブラックなんて思っていたら、世の中の大半の人がブラック企業で働いていることになっちゃいますよ?
キャリアちゃん
この後、解説していきますが、実はサラリーマンの7割以上が中小企業で働いているんです。やりがいを感じている人だって沢山います。
クレック君
規模にこだわって大量採用、高離職率の会社に入社をしてしまったなんてことになるより、はるかに安全です。

志望業界を変更したくない人は企業規模を準大手・中小企業などにも目を向けるべき

先ほど説明したような業界・職種などではあまりやりがいを感じられなそう…。自分の志望度は異なっている…。大学に進学してまで…と感じる人もいらっしゃるでしょうね?

でも、ここで一つ言葉を選ばず皆さんからすると嫌なことをお伝えすると、『春採用で思うように結果が出なかったという事実を素直に受け止めて行かないとこのままズルズル悪い状態を引きずって、10月1日の内定式タイミングまで内定が無い状態が続く危険性もある』という事はしっかりと理解してください。

大学への進学を希望すればほぼ入学できるボーダーフリー(Fランク)と言われる大学が30%を超える今は、大学に入学したことの価値はさほど高くはありません…。

大卒の方であっても中小企業に入社する人が大半です。

 

キャリアちゃん
中小企業に入社することは恥ずかしいことでも何でもなくて、一般的なことだとご理解ください。
クレック君
中小企業の中にも働きやすい優良企業は多数存在します!

就活生の軸も多様化…。大手人気企業志望が当たり前ではない状況に

コロナ禍の就活は学生の企業選びの軸にも変化を及ぼしているようです。

一昔前は絶対的な人気を誇っていた企業ばかりに目を向けずに、マイペースにそこそこ働くような生活を優先する人も出てきています。

例えば、「リモートワークが中心で在宅勤務が出来る会社」、「会社の飲み会やイベント毎など面倒な付き合いが少ない職場」、「全国転勤などがなく自宅から通える企業」などです。

大手企業は、初任給やボーナスなどお給料・年収が高い傾向があり、社会的信用度が高いため住宅ローンなども審査に通りやすい傾向があります。大手企業に勤め、友達などにも見栄を張ることにこだわった時代もありましたし、今でもその気持ちを持っている人はいます。

しかし、大手企業に入ったらすべてが順風満帆で、人生の勝ち組なのかというと、人々の価値観や生活感が変わりつつあります。

例えば、大手人気企業に入社をすれば優秀な同期や先輩、後輩達との競争が毎日のように繰り返されます。

総合職採用で、配属先が不透明であったり突然見知らぬ地に転勤を命じられることもあります。

会社のルールや制度などもしっかりしているため、細かな決まりや昔ながらの慣習がわりとめんどくさかったりもします。

個人レベルでは『こんなことやらなくても良いじゃない?』と思ってしまうような意味を感じない雑用も沢山あります。

また、社員全員がやり気に満ち溢れているような感じでもなく、あまりやる気がないけれども待遇が良いから会社を辞めずになんとなく居続けているような腰掛社員も多数在籍しています。

大手企業だから上記のような環境と言い切れるわけはありませんが、若い世代の人達の中では、仕事中心に人生を考えるような感覚は薄まって来ており、マイペースに自分のやりたいような過ごし方をする人たちが増えてきています。

 

キャリアちゃん
コロナウイルスの影響で人々の生活が大きく変化しましたものね…。学校にもあまり通わないで、リモートで授業を受けていたので、毎日出社する社会人生活って想像しにくくなってしまっているような気もします。
クレック君
東京や大阪など大手企業の本社が集まる地域に満員電車に揺られて出社することがバカバカしく感じる人がいてもおかしくないですよね。

サラリーマンの7割以上が中小企業で働いており、大手企業の割合はわずか3%弱

就活をスタートして、明確な理由もなく、知名度が高い超人気企業ばかりをミーハー的に受けてきたけど、なかなか結果が出ず、ホワイトな労働環境の中小企業や準大手のニッチな中堅企業などに目を向けていきたいと考える人も少なくないはずです。

国内で大手企業と言われる会社は、全体の2、3%程度しかいないことをご存じですか?

中小企業庁』のデータによると国内の企業数は421万社あり、そのうち1.2万社が大企業です。残りの419.8万社は中小企業となり、割合は約99.7%です。

働く人の割合としては、大企業で就業する人の全体の約30%となっています。

国内の企業で働く人の4,013万人で、そのうち約1,229万人が大企業に勤務しています。一方、中小企業で働く人は約2,784万人と全体の約70%です。

大手企業を志望すること自体はなんら問題ありませんが、厳しい競争があることもしっかりとご理解ください!

 

キャリアちゃん
現実的には、7割以上の方が中小企業で働いている状況なのですね。
クレック君
大手企業は確かに知名度もあって魅力的に見えるかも知れませんが、入社後の社内競争が厳しいところも多いです。
キャリアちゃん
そう考えると大手人気企業ばかりに目を向けていても仕方がないですね…。

内定が出やすい会社はブラック企業しかないの?入社しても大丈夫?

新卒枠の就活で内定がすぐ出る会社はブラック企業なのではと思ってしまいますよね?

でも、「最短一日で内定も可能」、「当日その場で内定」などという求人票などを見ると、就活に疲れてしまった時などは少し魅力的に見えたとしても不思議ではありません。

それでは、一日で内定が出るような会社は離職率が高くて、人を使い捨てのように扱う劣悪な環境ばかりと言い切れるのでしょうか?

これは、一概にそうとは言い切れません。

何を持ってブラック企業とするのかにもよりますが、ホワイトな会社であっても当日で一発内定というところも存在するはずです。

例えば、社長や役員、人事部長など最終的な意思決定を出来る人と面接をしたとしたら、面接一回で普通に内定が出ます。

そもそもの応募者が少ない中小企業などでは採用担当者のような役割はおらず、社長などが一回面接をして入社を決めるようなケースはそこまで珍しくありません。

また、企業規模が大きく、採用人数が1,000名を超えるような会社などでも人事部長等に決裁権があれば、即日内定が出ることも十分あるでしょう。一人の応募者にそこまで時間をかけているほどの余裕がないからです。

 

キャリアちゃん
すぐに内定が出るとなると、いい加減な採用なのかと不安になってしまいます…。
クレック君
大手人気企業の採用プロセスのような企業ばかりではありません。田舎の企業などでは逆に何度も面接するような文化が無いところだって普通にあります。

コロナ禍でも成長可能性がある知名度は低いが安定性のある業界・企業は?

大手・中小企業どちらが良いのかと物事の優劣をつけるつもりは一切ないため、元々のテーマであった新卒枠の就活からは不人気だけども将来性がある狙い目の業界・企業について解説をしていきます。

新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、2020年度様々な業種が倒産などに追い込まれています。

例えば、旅行・観光産業や宿泊業、飲食業や不動産業は大きな打撃を受けています。女子学生から人気が高かった航空業界やブライダル業界などかなり苦しい状況にあります。

今後も、増税、法改正、規制緩和などさまざまな要因で既存のビジネスの存続が難しくなる業界や企業は増えてくるでしょう。

業界に焦点をあてると話が広がりすぎてしまうため、一旦職種にフォーカスをして今後需要が減る(無くなる)、増える職業に目を向けてみます。

以下は、労働政策審議会労働政策基本部会の報告書の一部です。

労働政策審議会労働政策基本部会 報告書

参考:労働政策審議会労働政策基本部会 報告書

報告書の内容から推測できることとしては、2020年代後半からはAI、IoE、ロボットなどによるオートメーション化などが起こり、生産職が90万人、事務職が120万人過剰の状態になります。一方専門職については、170万人不足すると予測されています。

既存の製造スタッフ、事務スタッフが一切必要がなくなるという訳ではありませんが、機械が代替できるものは人件費などのコスト削減で需要が無くなってくることはほぼ間違いないでしょう。

アフターコロナ含め、未来の社会で勝ち残っているために重要なことは、機械では代替することが難しい、人間にしかできない職業に就くということです。

今後も伸びつつける!将来性がある、安定的に成長が続く可能性のある業界や職業は?

世の中は激しく、スピード感を持って移り変わっていくため、何が正解なのかは特に決まっていませんし、個々人の性格によっても選択するべき仕事は変わってくるため、一概にこの仕事と言い切れるものはありませんが、以下などは今後もニーズが高い職業であるかと思います。

・IT業界
・建築・土木・建設業界
・介護福祉業界

IT関連業界全般

当記事として、おすすめしたい業界はIT業界です。

しかし、よく耳にすることが多いであろう、システムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)を前面に推すという訳ではありません。

デジタル技術の進化は今後も拡大していくことは間違いなく、広い意味でのIT関連の職業です。

未経験者から以下のような仕事に就くことは難しいかも知れませんが、システムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)などの経験を一定期間積んだ上で、以下のような仕事に携わっていければ市場価値が高い存在になれるはずです。

・マーケットリサーチアナリスト
・マーケティングスペシャリスト
・データサイエンティスト
・システムソフトウエア開発者
・システムアーキテクト
・アプリケーションソフト開発者

先ほどお見せしたデータから考えても作業をするような立場だけでは正直不十分で、市場のトレンドなどを客観視し、データの解析や統計分析などを行い、ビジネスに導入したり、開発全般のプロジェクト管理をするなどを求められるようになります。

技術者側のスキルを持ちつつ、AIやDXなどの導入をマネジメントし、ビジネスを加速させていくことが出来る人材が求められる世の中がくるはずです。

今後、『副業・兼業・複業』など個人のスタンスを重視した働き方が増えてくるでしょうから、それに備えて需要のあるスキルや知識を身につけていくことはおススメしたいところです。

 

キャリアちゃん
コロナ禍でも業績の良い企業も多く、人気が一気に高まったみたいですね!
クレック君
IT関連の業界はリモートワークなども進んでおり、スキルが高い人は快適な環境で過ごしている人も多いです。
キャリアちゃん
念の為にお伝えしておくと、客先常駐、技術派遣といわれるようなビジネスモデルでは在宅勤務はしにくいのでご注意ください!

設備技師・施工管理技士など

建築・土木・建設なども学生からは避けられがちですが、実は非常に安定している業界です。

大手ゼネコン・サブコンなどインフラ整備に関わる業界は国からの税金が投下される事業であるため、不況にも強いところも特徴です。

高度成長期自体に次々と建設・開発された設備の老朽化は避けられないことで、そのメンテナンスする需要や、地震や台風などの天災に備えるためのライフラインの改修なども急務ですのでまず無くなることはないでしょう。

医療・介護福祉業界

少子化が進み、高齢化社会が加速する中で、医療介護福祉業界のニーズも高まるはずです。

処遇・待遇面などあまり恵まれていない現状がありながらも、既に政府としても医療・介護現場の人手不足解消の動きを取り出していますから、今後は医療介護報酬等の改定等の可能性も高まり、処遇待遇面等の改善が見込まれることも十分考えられます。

 

クレック君
当記事としては、IT・建設・介護福祉の業界をおすすめしていきたい所ですが、もう少し業界選択のに関して説明していきます。

新卒枠の就活では就活サイトやエージェントなど目的にあわせて使い分けが必須

新卒枠の就職活動は、2022年卒、2023年卒位からコロナウイルスの影響で企業検索の方法や選考対策のやり方が少し変化しつつあります。

対面でのイベントや説明会などが減少していることもあり、2、3年生の早期就活の時期、3年生の3月以降の採用解禁後の時期、それ以降で進路に迷いが生まれてきた方や就活の対策をしたい方などが利用すべきサービスは全て異なり、誰しもが登録をするメジャーなナビサイトだけでは少し不十分になってきています。

就活サイトといっても、企業検索系のサービスや掲示板、口コミサイト、オファーサイト、就活のノウハウが豊富なサイトなど様々です。

就活サイトを複数同時に利用して、サービス毎の良いところ取りをしていった方が就活効率は格段に高まります。

 

キャリアちゃん
就活関連のサービスやサイトって沢山あって違いが良くわからないんですよね…。
クレック君
効率的に就活を進めて行ける人は、サービスを複数使い分けて、効率的に就職活動を進めていることが多いです。

 

就活関連のサービスは大きく分けると、就活サイトと就活エージェントと言われるものがありますので、この後はサービスの違いや利用をおすすめしたい人などを解説していきます。
クレック君
後半戦の就活で早く内定が欲しいという人は就活エージェントと呼ばれる就活支援サービスの利用をおすすめします!

求人検索サイトと就活エージェントは何が違うの?

就活で企業を探す際は一昔前は大手のナビサイトが一般的でしたが、最近はエージェントの利用率が高まっています。

求人検索サイトとエージェントの違いについても簡単にご紹介します。

就活エージェント求人検索ナビサイト
メリット・デメリットカウンセラーとの面談が必要(最近はオンライン可も増加中)会員登録のみ
求人の数数百~2,000社程度1,000~25,000社程度
求人検索の方法あなたの興味関心や能力に合った企業の推薦を受け受けることが可能多くの求人から自分で企業を探し、説明会予約などをしなければいけない
選考対策の有無エントリーシートや履歴書の添削、面接練習、選考結果のフィードバックなど充実した支援を受けられる全てを自分でしなければいけない
選考スピード書類選考免除などスピードが速いところが多いナビに記載されているフロー通り
利用料金無料無料

就活サイトは、自分で軸を明確にして、企業を選択したり、選考対策などが無い状態で、試験を受けていく必要があるため、苦労する人も多いです。

キャリアちゃん
志望業界や企業などが明確になっている人は、就活サイトをいくつか登録して目的に合わせてサービスを活用していければ問題ないかと思います。
クレック君
志望企業などが絞り込めない人は、就活エージェントを活用することによって、効率が大きくアップしますよ!

就活支援エージェントは新卒でも4人に一名程度が利用

就活エージェントは新卒枠の就職活動においてもメジャーな存在になり、就活生の4人に1名程度が利用していると言われています。

サービス内容としては、就活事情に長けたアドバイザーやカウンセラーが、就活をどのように進めて行けばよいのかアドバイスをしてくれたり、模擬面接など選考対策、非公開求人の紹介まで手厚く支援してくれます。中にはエントリーシート(ES)の添削や自己分析の手伝いなどをしてくれるエージェントもあります。

自分自身が何をしたいのかわからなくなってしまった時や選考で不合格が続き、持ち駒が無くなってしまったときなどに利用すると就活の効率が一気に上がります。

進路選択に迷いが生まれたときや、プロの力を借りて一日でも早く就活を終えたいと思う人などにおすすめのサービスです。

利用料金はもちろん無料で利用で、利用対象者は大学生・大学院生・短大生・専門学校生など新卒枠で就職活動をする方でしたらどなたでも利用できます。

キャリアちゃん
就活を進める中で、自分自身に合った仕事がなんだかわからなくなってしまったから、相談に行ってみようかな…。
クレック君
就活エージェントは無料で利用できますので、上手く行かない時は積極的に利用してみてください!

就活エージェントは誰でも利用できる?いつから利用できるの?

就活エージェントの使い方で、就活生が不安に感じる点や疑問にもお答えしておきます。

はじめて就活をするわけですから、就活エージェントを利用出来る時期や対象学年などはわからないですよね…。

 

新卒エージェントはいつから利用できますか?3年生のインターンシップなどでも大丈夫ですか?
エージェントにより対象学年は異なりますが、インターンシップなどの相談は受け付けていないことが多いです…。
キャリアちゃん
就活エージェントは本選考がスタートしている企業や早期選考の企業などの紹介が中心です。
クレック君
3年生の冬以降から4年生の時期で利用することが大半ですね!

 

面接練習やエントリーシートの添削を依頼できますか?
依頼自体は可能です。しかし、自己応募の選考対策を依頼した場合は断られることが多いです。支援範囲はあくまでエージェントが紹介をしてくれた企業を受ける際の対策に限定される場合が大半です。

 

エージェントから推薦された求人を受けずに断ることは出来ますか?
あなたが興味を持った会社だけを受験していけば問題ありません。内定を得たとしても入社を決め切れなければ辞退することも可能です。
クレック君
自分が希望する求人だけを受けていけば問題ありません。

 

なお、リサーチ会社などの調査データを確認する限りでは、新卒枠で就活をする人のうち、約30%程度の方がエージェントサービスを利用しており、3人に1人位の人はエージェントを使って就活をしています。
一昔前は中途採用の方が利用するもののイメージが強かったのですが、今は新卒での利用がごく一般的なものになっています。
この後に、就活生から人気がある就活エージェントのご紹介、記事の後半では就活サイトを活用して自分で企業探しをしたい方に向けたサービスをご紹介します。

夏採用や二次・追加募集の企業を探したい就活生におすすめ!就活エージェント一覧・比較

一人ひとりの要望に合わせた支援が評判。就職後の定着率9割以上とマッチング制度が高い
全国各地で利用可能。オンライン面談もOKでコロナ禍でも安心
適性検査とAIを活用したマッチングであなたに合った企業が見つかる
全国の主要都市で利用が可能。年間で1万人以上が利用
オンライン相談可能で適性検査や就活相談など充実した支援
過去5万人以上が利用するサービス。カウンセラー経験が豊富な方が多い
相談実績20万人以上。15年以上の歴史がある就活エージェント
大手の求人ナビを運営するマイナビグループによるエージェント
人材大手のパーソルグループと教育業界大手のベネッセの合弁会社
理系大学院生(修士・博士)・ポストドクターに専門特化。研究職など専門性を活かした仕事が豊富
文系・理系不問でプログラミング未経験者歓迎の求人が多数。コロナ禍で人気が高まるIT業界に専門特化
プログラミングの学習経験者であれは登録必須。大手人気企業の求人が豊富で利用者の満足度高い

キャリアスタート

『キャリアスタート』は、一人ひとりの性格や特徴に合わせて支援をしてくれるエージェントサービスです。

サポートが非常に充実しており、あなたが希望する職種や業界・企業に合わせて、志望動機をつくる手助けをしてくれたり、面接トレーニングなども行っていきます。

就活アドバイザーのランキングでTOP10に入賞した経験を持ったアドバイザーが多数在籍しています。

コロナ禍に嬉しい、オンライン面談・電話面談が可能です。

 

クレック君
手厚い支援で、就活の悩みや困りごとを一緒に解決してくれます!
支援の手厚さが人気。入社後の定着率は9割以上。

評価: 4.0・支援対象者は、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)で仕事を探している方
・オンライン・電話面談も対応OK
・アドバイザーの質が高く、支援の手厚さが評判

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

Meets company (ミーツカンパニー)

『MeetsCompany(ミーツカンパニー)』は、全国各地で利用可能な就職支援エージェントです。

従来のサービスはマッチングイベントが中心で、コロナ前は全国各地で毎日のようにイベントを開催していたため、首都圏はもちろん地方の老舗企業などとも繋がりが強い企業です。

東証一部上場企業から中堅・ベンチャー企業まで幅広く求人を取り揃えています。

 

クレック君
コロナ禍においてはオンライン面談を強化中です!
全国各地で利用可能。地方の学生にもおすすめ。オンライン対応可!

評価: 4.0・面談地域は、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡、オンライン(Zoom、電話)
・全国的に利用可能で、地方でも利用可能!
・マッチングイベントをご希望の方はイベントも実施中

ジョブスプリング(jobspring)

『ジョブスプリング』は、適性検査を活用して、あなたの性格や特徴にあった仕事を推薦して頂けるエージェントです。

就職支援も手厚く、アドバイザーと一緒に自己分析から企業探し、選考対策などを進めて行くことが出来ます。

どの業界が自分に向いているのか、なんの仕事をしたらよいのかわからない人などでも安心してご利用頂けます。

自分に合った仕事を紹介して頂けるため、企業選びで失敗する確率を下げることが出来ます。

 

クレック君
適性検査などの結果を通じて客観的に仕事探しをすることが出来ます。
適性検査とカウンセラー面談によってあなたに合った仕事が見つかる

評価: 4.0・適性検査による自己分析・理解
・オンライン面談も対応可能
・書類作成や面接対策も充実

キャリアチケット

『キャリアチケット』は、年間1万人以上の就活生が利用する就活エージェントです。

オリコンの顧客満足度ランキングの新卒向けのエージェントとして1位を受賞しており、就活生から人気があります。

カウンセラーとの面談から自己分析、面接対策など手厚く支援をして頂けます。

面談可能地域も、東京(渋谷、秋葉原、池袋)、神奈川(横浜)、大阪、福岡、名古屋、京都の8か所と多いため、全国の主要地域であれば求人も豊富です。

 

クレック君
利用者満足度の高いエージェントであるため、地域が合えば利用をおすすめします!
手厚い支援で高い利用者満足度。全国8カ所に面談会場あり!

評価: 4.0・面談地域は、東京(渋谷、秋葉原、池袋)、神奈川(横浜)、大阪、福岡、名古屋、京都の8か所。
・Web面談もOK
・高い利用者満足度

irodasSALON(イロダスサロン)

irodas SALON イロダスサロン

『irodas SALON(イロダスサロン)』は、新卒の学生向けのコミュニティ型の就活支援サービスです。

全国の大学や大学院など約500校、年間1万3,000人以上の就活生が利用している就活支援サービスで、就活をサポートする様々なサービスを無料で提供しています。

特徴としては、以下のようなキャリア支援を受けることが出来るところです。

【キャリア講座】
10種以上のキャリア講座【キャリア形成素材】
就活の全体像が理解できる学べるキャリアブックが無料でもらえる【適性検査】
アプリで受験できる適性検査によって自己分析が出来る【就活相談】
メンターに就活相談をすることができ、自分に合った企業の推薦・紹介を受けられる

2023年卒の就活利用者は既に7千名を超えており、学生からの人気が伺えます。

 

クレック君
3年生の早期からメンターによるキャリア相談や求人の紹介が受けられることは、人材系のサービスの中では割と珍しいです。
オンライン対応も可能。幅広い就職支援を受けることが可能

評価: 4.0・面談地域は、東京、大阪
・オンライン面談も対応可能!
・適性検査やキャリア面談なども含めて無料利用可能

キャリセン就活エージェント

『キャリセン就活エージェント』は、10年以上の歴史があり、累計5万人以上の就活生が利用している就活エージェントです。

キャリセンという名称の通り、大学のキャリアセンターの代役のような立ち位置で、就活生に寄り添い、選考対策などの支援を手厚く行っています。

キャリアカウンセリング、求人紹介に加え、面接トレーニングや履歴書作成のアドバイスなどの支援も提供しています。

就活エージェントサービスの運営歴が長いため、キャリアカウンセラーとしての経験が豊富な方が在籍している印象が強いです。

コンサル、IT、通信、商社、メーカー、金融、広告、人材、物流など就活生から人気がある業界の非公開求人も多数保有しています。

 

クレック君
支援の手厚さで人気があるサービスです。面接が苦手な人などに向いているエージェントです。
オンライン対応も可能で、サポート体制が充実

評価: 4.0・面談地域は、東京、大阪
・オンライン面談も対応可能!
・経験豊富がアドバイザーが多く、支援のレベルの高い良い
・累計5万人以上が利用

就職エージェントneo

就職エージェントneo

『就職エージェントneo』は、新卒枠の就活生向けの就職支援エージェントです。

新卒向けの人材紹介サービスとして国内でも歴史のあるエージェントで15年以上の運営実績があります。

就職相談者数も20万人以上、内定支援者数4万人以上、累計紹介企業数は1万社以上と新卒向けのエージェントサービスの中ではトップクラスです。

非公開求人の推薦からESなどの選考対策、面接練習などフルサポートして頂けます。また、選考後は企業からのフィードバックを回収してもらえるため、自分自身の評価や課題を把握できます。

とても営業力が強い企業であるため、他のエージェントが保有していない非公開求人も多く、利用価値が高い一社でしょう。

 

クレック君
新卒向けのエージェントサービスとしても歴史のある会社で老舗的な存在です。
就活相談実績は20万人以上。国内トップクラスの支援実績。

評価: 4.0・内定支援実績4万人以上
・新卒紹介サービス歴は15年以上
・非公開求人の推薦から選考対策まで手厚くフォロー

マイナビ新卒紹介

『マイナビ新卒紹介』は、就活サイトとして認知度の高いサービスであるマイナビが運営するエージェントです。

人材会社の中でも大手だけあり、求人数が豊富です。

一般的な就活エージェンは関東や関西など大都市圏の企業が中心となりますが、マイナビ新卒紹介は地元出身者を積極募集している求人の紹介も可能です。

支援の手厚さというよりも豊富な求人数に特徴があるエージェントとなります。

 

クレック君
支援の手厚さで人気があるサービスです。面接が苦手な人などに向いているエージェントです。
業界大手のマイナビグループ

評価: 3.5・面談地域は、東京、大阪
・オンライン面談OK
・求人数が豊富

DODA新卒エージェント

『doda新卒エージェント』は、ベネッセi-キャリアが手掛ける新卒向けのエージェントサービスです。

人材業界大手のパーソルキャリアと、教育業界の大手企業であるベネッセグループの合併会社がサービスを提供しています。

大手企業の合弁会社だけあり、累計契約企業数は5,000社以上と実績が豊富です。

利用学生数も年間で12万人以上と、就活生側の利用者数も多く、高い満足度があります。

 

クレック君
教育業界で培った支援レベルの高さが人気のサービスです。
教育業界の大手ならではのノウハウが人気

評価: 3.5・オンライン面談も可能
・教育業界で培ったハイレベルの支援が人気
・12万人以上が利用

アカリク就職エージェント

アカリク就職エージェント AGENT

『アカリク就職エージェント』は、大学院生(修士・博士)とポスドクに特化した新卒エージェントです。

大学院に特化をしたエージェントはとても珍しく、「研究してきた分野を活かせる専門性の高い仕事」や「研究職や開発職として採用したい企業」などが求人を出しており、大学院生や研究者にとって理想の会社と出会える可能性が高まります。

理系大学院に通う方は学部の方と同じような就活をすると、年齢的な部分がマイナスになる可能性もゼロではないため、大学院生であれば他のエージェントよりも優先して登録したいサービスです。

あなたの研究内容を活かしたいと考えている理系大学院生はぜひ登録しておきたいサービスです。

 

クレック君
理系の大学院生であれば登録必須といっても過言ではありません!
理系大学院生であれは超おすすめ。専門性を活かせる仕事が多数

評価: 4.0・理系大学院生に専門特化
・オンライン面談OK
・大手企業の求人が多数

IT求人ナビ

 

『IT求人ナビ新卒』は、ITエンジニアに特化した就活エージェントサービスです。

IT業界は、コロナ禍でも業績を拡大する企業も多いため、新卒枠の就活生から人気が高まっています。

ITエンジニアと聞くと、プログラミング経験が無いと難しいと思われることが多いですが、心配しないでください。

同サービスは、文理など学歴不問、プログラミング未経験者でも応募可能な求人が豊富です。

IT業界における技術者の支援実績は13年と豊富なエージェントで企業と関係性も深いため、ITエンジニアとして就職したい人はおすすめの一社です。

 

クレック君
IT業界に専門特化をしたエージェントは珍しいです。未経験からでも応募歓迎の求人が多いです。
ITエンジニアに専門特化。PG未経験でも歓迎の求人が多い。

評価: 4.0・対象地域は、愛知、札幌、 仙台、関東、 関西、 広島、 福岡
・オンライン面談対応可能
・プログラミング経験無しでもOK
・IT業界専門で13年。サポート体制も充実

あわせて読みたい:IT求人ナビの評判・口コミ

レバテックルーキー

レバテックルーキー

『レバテックルーキー』は、ITエンジニア専門の新卒エージェントです。

利用対象者は、学校などでプログラミング学習経験がある人に限られておりますが、ITエンジニア専門特化したサービスだけあって、ポートフォリオ(成果物)の作成方法などについての、アドバイスやサポートも対応してくれます。

急成長中のメガベンチャー企業など、求人企業の顔ぶれは豪華です。

プログラミングの学習系経験がある方でしたら、大学3年生や大学院1年生の早期から就活できるため、登録をおすすめします。

 

クレック君
プログラミング学習経験があれば大手優良企業などに応募するきっかけが増えるはずです!
IT業界に強い。プログラミング学習経験をお持ちの方は登録価値が高い

評価: 4.0・対象地域は、一都三県(東京・千葉・埼玉・神奈川)
・首都圏で働きたい方向け
・オンライン面談も対応可能!
・IT業界専門で15年。ポートフォリオアドバイスもOK